新発売されたボニックプロを買おうと思って調べていたら、「ボニック(BONIC)」という製品があることを知りました!

これからボニックプロを買おうと思っている方のために、ボニック(BONIC)とボニックプロの違いについてご紹介します。

 

ボニック(BONIC)とボニックプロの違いを徹底比較!

累計15万台以上を売り上げた「ボニック(BONIC)」と、最新機種「ボニックプロ」。

この2つの違いがよく分からないという人のために、価格や効果を表にまとめました!

 

ボニック(BONIC)

ボニックプロ

通常価格 本体 13,000円(税別)

ジェル 5,800円(税別)

本体 18,000円(税別)

ジェル 6,300円(税別)

定期コース価格

※初回送料0円

【1回目】

本体 980円(税別)

ジェル 4,980円(税別)

 

初回合計 5,960円(税別)

 

【2回目以降】

ジェル 4,980円(税別)

送料 630円

 

合計 5,610円(税別)

【1回目】

本体 3,980円(税別)

ジェル 5,480円(税別)

 

初回合計 9,460円(税別)

 

【2回目以降】

ジェル 5,480円(税別)

送料 630円

 

合計 6,110円(税別)

重さ 320g 263g
RF機能 ×
キャビテーション ×
EMS
防水機能
強度調節 3段階 3段階
専用ジェル

ボニックジェル

【使用感】

・ジェルはペタペタ感が強い

・洗い流さないと不快

・乾くとポロポロ。

ボニックジェルプレミアムリフト

【使用感】

・ジェルのテクスチャーはサラサラ

・洗い流さなくても大丈夫

・乾いてもポロポロしにくい

 

ボニックとボニックプロの大きな違いは4つです。

1.本体価格とジェルの価格

旧製品のボニックの方が本体価格5,000円、ジェルは500円安いです。

 

2.本体の重さ

新製品ボニックプロの方が軽いです。

ボニックとボニックプロの重さは「卵1個分」くらい違います。

片手で使うものなので、この差は意外と大きいですよ。

 

3.機能の数

ボニックプロは新しい機能が2つ増えました。

EMSを効かせるために筋肉を温める「RF」と、筋肉の深いところまで振動を効かせる「キャビテーション」です。

ボニックのEMS機能をパワーアップさせたのが「ボニックプロ」ということです。

 

4.ジェルの種類

本体の新発売に伴い、使用するジェルもパワーアップしました。

成分や効果にこだわった分、値段が500円高くなったのかもしれないですね。

旧製品のボニックジェルは「ベタベタする」「部屋で使うとジェルのポロポロが落ちて大変」「拭き取らないと気持ち悪い」といった口コミが目立ちましたが、
ボニックジェルプレミアムリフトでは欠点が改善されています。

ボニックジェルと比べるとサラサラで、乾いてもポロポロしにくくなりました。

 

 

とにかく安く買いたいならボニック(BONIC)がおすすめ

ボニックのデメリットは機能面でボニックプロに劣ること。

RFやキャビテーションが追加されたボニックプロの方が、引き締め効果は高いです。

 

ボニックを買うメリットは、ボニックプロよりも安いことです。

本体価格で5,000円、専用ジェル500円、定期コースの初回は4,000円も安く利用できます。

特にジェルは毎回使用するものなので、安いのは助かりますね。

 

 

引き締め効果重視で買うならボニックプロがおすすめ

ボニックプロのデメリットは値段が高いこと。

ボニックと比べると本体価格・ジェル・定期コースいずれも値段が上がっています。

 

ボニックを買うメリットは、引き締め効果が高いこと。

ボニックにはなかったRF機能とキャビテーションによって、電気刺激を筋肉に伝えやすくなりました。

本体そのものも軽くなっているので、長時間使っても疲れにくいです。

ドライヤーとかも、重たいと腕が疲れてきますよね。片手で操作するものなので重さは意外と重要ですよ~!

 

 

<まとめ>

  • とにかく安く買いたいならボニック
  • 引き締め効果を重視するならボニックプロ

 

ちなみに旧製品のボニックも新製品のボニックプロも、現時点※では公式サイトで取り扱いがありました!
※2017年8月末

旧ボニックから 進化したボニックプロ、気になる方はチェックしてみてくださいね。